SSブログ

幸福 幸せ [日本語教育]

学生たちからよく「幸福」の読み方は「しあわせ」でもいいのですかという質問がある。
「幸福の黄色いハンカチ」という有名な映画があるが、よみかたは「しあわせのきいろいはんかち」だ。
確かに映画や本の題名グループ名などでは幸福と書いて「しあわせ」と読ませるものが多い。(幸福のスイッチ、幸福の構造、幸福力、しあわせ/幸福 etc.
もちろん辞書には「幸福」は「こうふく」、「しあわせ」が「幸せ 仕合わせ」と区別されている。だから、学生たちには正しい読み方ではないが当て字としてよく使われていると説明している。初中級の教科書に出て来るのも「幸せ(しあわせ)」だ。
学生たちにはここまででいいのだが、ちょっと気になったので、意味の違いを考えてみた。

「基礎日本語」(森田良行)によると、(いくつか略して引用)

「幸福」は精神的物質的に恵まれた状態で満足感に満たされている状態

「幸い」は幸福な状態。好都合な状態に発展していく状態、もうひとつは字体や状況が偶然に好都合な状態にはたらくラッキーなに近い状態だ。

「幸せ」はどちらにも重なる部分があるが、
幸福と置き換えられないのは、偶然めぐり合わせたという意味が含まれる
「お目に書かれて幸せ/幸いです」
「お伝えいただければ幸せ/幸いです」
などの用法。他に「ありがたき幸せ」などの慣用的な言い方もある。

幸せに置き換えられない「幸い」は
「強敵がミスを連発したので、幸いにも勝つことができた」
「雨が幸いして、静かな寺の風情を楽しめた」
「もっけの幸い」
など本当に偶然にラッキーなことが起こる時だそうだ。

題名などで「幸運」と書いて「しあわせ」と読ませるのは、和語の柔らかさを使いながら、「幸福」の漢語で表される満ち足りた状態を強調しているのかもしれない。


*********************************************
私たちは日本語を教えるかたわら、教科書作り、日本文化の紹介等の活動もしています
私たちのホームページをご覧ください。
http://www014.upp.so-net.ne.jp/nbunka/learn.htm
正hyosi.png





nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 0

コメント 1

Evedreige

流行や人気モデルの最新情報など、憧れのブランド全部満載しております。

ルイヴィトン、シャネル、エルメス、ルチェ&ガッバ―ナ、バレンシアガ、ボッテガ ヴェネタ、ミュウミュウ、クリスチャンディオールその他の偽物バッグコピー、偽物財布コピー、偽物時計コピー、偽物ベルトコピー、偽物指輪コピー、偽物キーケース、商品は全く写真の通りです。高級腕時計(N級品),スーパーコピー時計(N級品),財布(N級品)バッグ(N級品),靴(N品),指輪(N級品),ベルト(N級品),マフラー (N級品)人気の売れ筋商品を多数取り揃えております。全て激安特価でご提供.お願いします.
人気の売れ筋商品を多数取り揃えております。
全て激安特価でご提供.お願いします.
★100%品質保証!満足保障!リピーター率100%!
★商品数も大幅に増え、品質も大自信です。
★スタイルが多い、品質がよい、価格が低い!
★顧客は至上 誠実 信用。
★歓迎光臨
★送料無料(日本全国)
https://www.gmt78.com/product/detail/5240.htm

by Evedreige (2020-06-23 13:50) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0