SSブログ

委細面談 [日本語教育]

N2読解でアルバイト募集のチラシの読み取りがあった。友達が教える部分だったがその宿題のチェックをしていて「委細面談」という言葉が出てきた。

よく見る言葉だし、実際のチラシにあってもなんとなく「面談して働く時間などを詳しく決める」くらいの意味?でも「仔細」とどう違うのかなとは思いつつ、なんとかくわかるからと見過ごしていた。
教えるとなると詳しく調べたくなる。特に非漢字圏の学生には。

「細」は「細い」とか「細かい」という意味で学生たちは知っている。
「委」は「委員」とか「委任」とか任せる意味があるが、「委細」の「委」は任せる意味ではない。

「委」は「稲わらなど」を表す「のぎへん」が上にある。これは、わらの様に曲がって柔らかいものを表す。その下に同じようにやわらかさなどをあらわす「女」で、柔軟、他を頼る、任せるという意味になる。
しかし、委細面談は細かいことを任せる話し合いではない。

委にはもう一つ意味があった。
「のぎへん」の意味する「わら」は柔らかいので曲がる。曲がりくねっているというところから曲がりくねった細部まで、つまり、「詳しく」という意味が出てきたそうだ。

「委曲・・細かいわけ、事情」」という言葉があり、委細と同じような意味になる。今回初めて知った言葉だ。

これで、「委細面談」という学生たちがこれからよく出会うであろう言葉を、印象深くおしえられるかな。


*****************************************
私たちは日本語を教えるかたわら、教科書作り、日本文化の紹介等の活動もしています
私たちのホームページは以下のサイトに引っ越しをしました。。
http://www.tomo2006.net/learn.htm
正hyosi.png
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント