SSブログ

ちょち ちょち あわわ [日本語教育]

孫の三歳児が「かいぐり、かいぐり」と手をまわしていた。それしか言わないのではっきりしたことは分からないが、私が幼い時に祖母が歌っていたような気がする。「おててちょちちょち(拍手する)」「かいぐりかいぐりとっとの目(グーにした手を体の前で交差するようにして回す、そのあとまなじりを押して目を丸くさせる)」「おつむてんてん(両手をひらいて頭をたたく)」というような動作をしながら。

友人に聞いても、聞いたことはあるが、子供に歌ってあげたことはないという人

「かいぐり」を調べると[動ラ五(四)]《「かきくる」の音変化。「かいぐる」とも》両手を交互に動かして、「手元に引き寄せる。たぐり寄せる」意味だ。
「糸などをたどって巻き取ることを掻きとって、巻き取る意味。先週調べた「掻き」がまた登場した。
大好きで暗唱した「平家物語」の那須与一の場面にも「かいぐる」がでいた。
「与一 `重ねて辞せば悪しかりなん `とや思ひけん `さ候はば外れんをば知り候ふまじ御諚で候へば仕つてこそ見候はめ `とて御前を罷り立ち黒き馬の太う逞しきに丸海鞘摺つたる金覆輪の鞍置いてぞ乗つたりける `弓取り直し手綱掻い繰つて汀へ向いてぞ歩ませける」この場合は手綱を「搔い繰って」(手に巻き付けて短く持ち)コントロールをよくして扇を射るために前面に出ていく場面だ。

「かいぐり」は分かったが、「とっとの目(鳥のまるい目)」との関連は分からないが。
かいぐりかいぐりをネットで調べると歌も出てきた。
http://worldfolksong.com/songbook/japan/warabeuta/chochi-chochi-awawa.html

他にもこれに関連して「いちりっとらん、らっとれっとせ・・・」「おちゃらかほい・・・」・・・などなど不思議な言葉遊び歌を思い出したが、自分の子供の教えた記憶がない。遊び方がかわったからか。

保育園では最新の「鬼滅の刃」の歌だけでなく、伝統遊びも教えてくれる。ありがたいな。

*****************************************
私たちは日本語を教えるかたわら、教科書作り、日本文化の紹介等の活動もしています
私たちのホームページは以下のサイトに引っ越しをしました。。
http://www.tomo2006.net/learn.htm
正hyosi.png
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

メールの書式 [日本語教育]

Emai2.png日本語総まとめ 読解 2週4日目の図の説明がわかりにくいと思った。たぶん学生たちは「拝啓」などを使う手紙を見たり、ましては、書いたりしたことはないだろう。更に「スミスです」と始まっているのに最後に「山田太郎」とはなんだろうと日本人でも思う。
たぶんこれは間違いか、部分に分けて説明しているだけか。


学生たちがこれから書く機会が多いと思うのはEメールの文章だと思うので、ひな形を作って示すことにした。

https://www.nikkei.com/article/DGXNASFK25012_V20C10A5000000/
にとても詳しく載っていたが、N2を受ける外国人用に少し変えた。
Email3.png
メールでなく文書の場合では、自分の会社名や名前を書く位置が違うという情報も一応説明しておいた。また、自国語の習慣に倣ってか、改行して2文字下げる学生が多いのでそれも注意しておいた。
Email.png
























*****************************************
私たちは日本語を教えるかたわら、教科書作り、日本文化の紹介等の活動もしています
私たちのホームページは以下のサイトに引っ越しをしました。。
http://www.tomo2006.net/learn.htm
正hyosi.png
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

渋沢栄一の銘板 [日本語教育]

新一万円札の顔に渋沢栄一が決まったのは2019年、明治から昭和の初めにかけて、日本の産業界をリードした実業家であるとはなんとなくわかっていても、聖徳太子や福沢諭吉のように具体的なイメージがわかなかったことを覚えている。確かに中学までの歴史の教科書に名前が載っていなかったと思う。たまたま出てきた息子の中学歴史の教科書をみるとやはりのっていなかった。歴史上の人物など受験勉強で覚えたものが多いと思う。教科書や授業が芯となっているのでピンとこなかったのかもしれない。
あれっと思ったのは、都内に住んでいても一度も使ったことがなかった都電荒川線に乗ってみようと友達と出かけた時の事。都電荒川線飛鳥山停留場でふとおりて、渋沢記念館をのぞいた時、渋沢栄一がかかわった事業が壁一面にびっしりと書かれていてびっくりした。金融、交通通信、商工業、鉱業、社会公共事業、国際交流、宗教、教育など社会活動のあらゆる分野に及んでいた。例)第一国立銀行(現みずほ銀行)や、王子製紙(現王子ホールディングス)、東京海上保険(現東京海上日動火災)、帝国ホテルなど、多くの企業の設立に関わっていた。人間業でないような気がした。かかわったものが多く、しかも、財閥を作らなかったので、なんとなくつかみどころがなかったのだ。今年のNHKの大河ドラマでは、渋沢栄一のことが取り上げられ、生家のある埼玉県深谷市の記念館や東京北区飛鳥山の渋沢資料館などで、もよおしも行われているようだ。渋沢のイメージがはっきりしてくるだろうか。
この話を友達にしたら、彼女の知り合いが西東京市にもある渋沢の足跡を調べて「めいばん」を作ろうとしているという。
「めいばん?」また、知らない言葉、辞書で調べてみると「銘板」だった。物の名前や来歴を書いたプレートのことだそうだ。金偏だから、金属製のプレートだ。
栄一は、元治元(1864) 年に渋沢成一郎とともに一橋家の家臣なり、兵隊の人選を行うためにともに一橋領を廻ったそうで、そのあたりのことを記した「銘板」を作る計画なのだろう。
大河ドラマはこれからちょうどそのあたりに差し掛かるようで楽しみだ。

*****************************************
私たちは日本語を教えるかたわら、教科書作り、日本文化の紹介等の活動もしています
私たちのホームページは以下のサイトに引っ越しをしました。。
http://www.tomo2006.net/learn.htm
正hyosi.png
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

羊羹 [日本語教育]

近所の和菓子屋さんの看板に「井の頭羊羹」とある。羊羹が大好きだが、改めてみると不思議な字だ。和菓子の代表みたいなのに羊の字が使われている。
漢字源を見ると、羊の項目に羊羹として「羊肉の羹(あつもの)」(吸い物)とあり、菓子の名。小豆を寒天で固めたものとあった。

羹は野菜や肉を煮込んだスープだ。『「羹に懲りて膾(なます)を吹く」・・熱い食べ物で口をやけどしたので、冷たいあえ物でも用心して吹いてから食べる。用心しすぎるのたとえ』
ということわざで知られている。冷めるとゼラチンが固まって、スープは水羊羹っぽく見えないこともない。
Wikipediaを見ると結構詳しく書いてあったが・・・。
羹が禅僧によって中国から伝わり、精進料理では肉の代わりに小豆などを使って代用した、それが蒸羊羹になったとあるが、どう考えても小豆が羊肉の代用になるとは思えない。

もうひとつの説、唐代の小豆で作った「羊肝餅」という説の方にひかれる。肝と羹の音が似ているので混ざってしまったようだ。
国会図書館に下の本があるので今度読んでみたいと思った。
羊肝餅と羊羹 : 日中食物交流史の一コマ (特集 羊羹)掲載誌 和菓子 / 虎屋虎屋文庫 編 (20):2013.3 p.41-47

中国語辞典では
羊羹は「もともと中国の食べ物で羊肉のスープ、日本に伝わって製法が変わり、小豆や栗で作るようになり、それが言葉とともに中国に逆輸入された」とあり、スープ説だった。

羊羹が食べたくなる文章は、「草枕」や「陰翳礼讃」・・・ これは、正に日本そのものという気がする。いいなー。

引用:
谷崎潤一郎「陰影礼讃」「かつて漱石先生は「草枕」の中で羊羹の色を讃美しておられたことがあったが、そう云えばあの色などはやはり瞑想的ではないか。玉のように半透明に曇った肌が、奥の方まで日の光りを吸い取って夢みる如きほの明るさをふくんでいる感じ、あの色あいの深さ、複雑さは、西洋の菓子には絶対に見られない。クリームなどはあれに比べると何と云う浅はかさ、単純さであろう。だがその羊羹の色あいも、あれを塗り物の菓子器に入れて、肌の色が辛うじて見分けられる暗がりへ沈めると、ひとしお瞑想的になる。人はあの冷たく滑かなものを口中にふくむ時、あたかも室内の暗黒が一箇の甘い塊になって舌の先で融けるのを感じ、ほんとうはそう旨くない羊羹でも、味に異様な深みが添わるように思う。」


*****************************************
私たちは日本語を教えるかたわら、教科書作り、日本文化の紹介等の活動もしています
私たちのホームページは以下のサイトに引っ越しをしました。。
http://www.tomo2006.net/learn.htm
正hyosi.png
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

汗をかく・・かく とは? [日本語教育]

語彙を教えていると、いつも気にしないで使っていた言葉が気になってくる。

汗をかく の 「かく」
「汗が出る」とか「汗が止まらない」などは分かりやすいが、「かく」とは?

辞書を見ると
「掻」くは「搔」の略体。「搔」は「手」+音符「蚤」、「虫(蚤)」に刺され痒みを生じて「爪(=「㕚」)」で「かく」を意味する会意形声文字。
「引っ掻く」は、速い動き、強い動きを表す「引っ」をつけた形だ。
引っかける 引っかつぐ 引っかぶる 引っこ抜く 引っ捕らえる等も同じ。

改めて「掻く」とは
① ない方がいいものを取り除くためにこする動き  痒い所を掻く 頭を掻く
② かきたま汁(掻き玉汁)の掻きまわして混ぜる意味
③ 「汗をかく」など望ましくない状態を呈する。
 そのほかに、べそ 恥 いびき 瘡(かさ)をかく 欲をかく など。
これらも、もこの字だったんだ。
雪掻き 落ち葉掻き(邪魔なものをどける) 掻き餅も(掻くように薄く切る)・・これらも!




*****************************************
私たちは日本語を教えるかたわら、教科書作り、日本文化の紹介等の活動もしています
私たちのホームページは以下のサイトです。
http://www.tomo2006.net/learn.htm
正hyosi.png
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

ボタンを はめる とめる かける する [日本語教育]

服のボタンを( はめる とめる かける )かという記事をちらっと見た。
これも学生たちが迷いそうなことだ。

新明解の説明はいつもながらとてもおもしろい。

☆はめる・嵌める「①穴の内側または物の外側にそってぴったり入るようにする!!!②体の部分につける。③計略にかけて陥れたりだましたりする」 
指輪をはめる(指の外側だ)!ボタンをはめる(スナップボタンだと穴の内側だ)!
シャツのボタン穴に糸でつけたボタンを通す時もぴったりと入る瞬間がある。
ぴったり感が「はめる」なのだろう。

☆とめる・止める これには、いろいろな意味があるが、②がボタンを止める意味になる。「②ある場所に固定する。(ボタンを止める・や髪の毛をピンで止める)」

☆かける・掛ける「①高いところに固定して落ちないようにするという意味で、(看板を掛けるとか腰を掛ける)があるが、④そのものを働かせて何かをする。(ブラシをかける。手錠をかける。)(ボタンを掛ける)はこの④の意味で「ボタンを止めて服をちゃんと着る」ということだ。
ただ、ボタンを掛けるという言い方は、「初めの対処方法を誤り、そのことが原因であとから不都合や食い違いが生じることが表れた」という意味の「ボタンの掛け違いで」という言い方以外はあまり使われないような気がする。


「ボタンをはめて」、「服の左右をとめる」ことによって、「服をちゃんと着る」
この作業のどこに意識を当てるかによって、ボタンを「はめる とめる かける」が使い分けられるのだろう。学生には教えやすい。

わたしが「ちゃんとボタンをとめなさい」とよく言っていたのか、娘に聞くとは「わたしは・ボタンを止める派・だな」と・・。

この頃はもっと簡単に「ボタンをする」とも言っているような気もする。

*****************************************
私たちは日本語を教えるかたわら、教科書作り、日本文化の紹介等の活動もしています
私たちのホームページは以下のサイトです。
http://www.tomo2006.net/learn.htm
正hyosi.png
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

つかむ つかまる つかまえる [日本語教育]

語彙の1週5日目にはほかにも面倒なことがあった。

つかむ つかまる つかまえる 

どれも、手でしっかり押さえて持つ動作だ。

<絵を使って>
魚をつかむ。 そして 魚をつかまえる。   (掴む 掴まえる)の字は紹介するだけ。
<絵を使って>
警官が泥棒を捕まえる。  泥棒が捕まる。 (掴まえる 掴まる)の字は紹介のみ

と教えていたら、学生から「患者さんに言う時は、『手すりをつかんでください』ですか、『つかまえてください』ですか?」という質問が出た。

手すりは動物や人間ではないので、「つかんでください」がいいといったが、あとで、「手すりにつかまってください」という言い方もすると思った。

掴まるは自動詞だ。 ①捕まえられる意味 と ②ものにつかまる 意味がある。
でも、これは日本語の使い方、「掴」の漢字は「枠を区切る」→なんと!「掌で打つ(ビンタ)」の意味・・「つかむ」の意味は日本で作られたものらしい。(漢字源より)
今でも中国語辞典には「掴」横面を張る意味だけが載っていた。

学生たちが介護現場で使うとすると
「手すりにつかまって歩いてください」「手すりをつかんで立ってください」
この二つだろうと思うので後で絵入りでメッセンジャーの学生とのグループに投稿しておいた。

*****************************************
私たちは日本語を教えるかたわら、教科書作り、日本文化の紹介等の活動もしています
私たちのホームページは以下のサイトに引っ越しをしました。。
http://www.tomo2006.net/learn.htm
正hyosi.png
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

委細面談 [日本語教育]

N2読解でアルバイト募集のチラシの読み取りがあった。友達が教える部分だったがその宿題のチェックをしていて「委細面談」という言葉が出てきた。

よく見る言葉だし、実際のチラシにあってもなんとなく「面談して働く時間などを詳しく決める」くらいの意味?でも「仔細」とどう違うのかなとは思いつつ、なんとかくわかるからと見過ごしていた。
教えるとなると詳しく調べたくなる。特に非漢字圏の学生には。

「細」は「細い」とか「細かい」という意味で学生たちは知っている。
「委」は「委員」とか「委任」とか任せる意味があるが、「委細」の「委」は任せる意味ではない。

「委」は「稲わらなど」を表す「のぎへん」が上にある。これは、わらの様に曲がって柔らかいものを表す。その下に同じようにやわらかさなどをあらわす「女」で、柔軟、他を頼る、任せるという意味になる。
しかし、委細面談は細かいことを任せる話し合いではない。

委にはもう一つ意味があった。
「のぎへん」の意味する「わら」は柔らかいので曲がる。曲がりくねっているというところから曲がりくねった細部まで、つまり、「詳しく」という意味が出てきたそうだ。

「委曲・・細かいわけ、事情」」という言葉があり、委細と同じような意味になる。今回初めて知った言葉だ。

これで、「委細面談」という学生たちがこれからよく出会うであろう言葉を、印象深くおしえられるかな。


*****************************************
私たちは日本語を教えるかたわら、教科書作り、日本文化の紹介等の活動もしています
私たちのホームページは以下のサイトに引っ越しをしました。。
http://www.tomo2006.net/learn.htm
正hyosi.png
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

近づく 近寄る [日本語教育]


日本語総まとめ 語彙 N2 1週5日目

船を岸に近づける → サメが近づく 近寄る という言葉が出てきた。
自動詞他動詞の違いだけではないようだ。

まず「近づける」(他)人が何かをど何かに近づける
 (船長が)船を岸に近づける/(私が)目を本に近づけて読む/(彼は)外部の人を近づけない

「近づく」(自)どこか/何かに 近くなっていく
 サメがこちらに近づいてきた/船が岸に近づいていく/社長に近づく(人間関係を強くする意味もある)/卒業式の日が近づく/台風が日本に近づいてきた

「近寄る」(自)何か/どこかの近くまで行く 主語は人間か動物または意志があるように見えるもの。
 あやしい船がこちらに近寄ってくる/サメが近寄ってきた/名前を呼ぶと犬が近寄ってきた/細かい彫刻を近寄って見た/反対派の人に近寄っていく
 卒業式の日が近寄ってきた。 × 
 台風が日本に近寄ってきた。 ×
 これらは主語が意志のある物でないので×

ここで 「近寄る」と「近づく」はどう違うか気になった。「寄る」の方が距離が近いような気がする。「寄る」には「しわが寄る、寄る年波」などの様に重なる意味も含むからより近さを感じるのだろう。
サメが近づいてきたときは気を付けて! 近寄ってきたらもう危ないかもしれない。

しかし、「寄る」にはものの近くに行く場合と別の使い方がある。
「太平洋の中でハワイ島はアメリカ寄りだ」というように境界線から少し一方に寄っている意味だ。「野党よりの考え方」は少し野党に近い考え方。
「近寄る」は、そのものの近くに行くということ。
(辞書を見ると「寄る」には、まだまだいろいろな意味がある。)

学生たちには、「近寄る」は動物や人間など意志があるものに使う。「近づく」より、距離が近くなる場合が多いなどと2枚のサメの写真を使って説明しようと思う。

*****************************************
私たちは日本語を教えるかたわら、教科書作り、日本文化の紹介等の活動もしています
私たちのホームページは以下のサイトに引っ越しをしました。。
http://www.tomo2006.net/learn.htm
正hyosi.png
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

他山の石 [日本語教育]

元法相の河井克行被告が選挙買収を認めての衆院議員辞職表明について、二階氏が「他山の石にしないといけない」と発言したことが、話題になっている。
「他山の石」は「詩経」の言葉で、「它山之石  可以攻玉」(よその山から出た粗悪な石でも。自分のもっている玉を磨く役には立つ)小人(しょうじん)の言動を反面教師として、自分の「徳」を高めるようにしなければならないというのがもとの意味。

普通はほかの人の悪い言動やほかの場所で起きた悪い事例から学んで自分の行いを正したり、組織や社会をいい方向に変えて行くという意味み合いで使われる。
また、直接かかわりのない者や遠く離れたところで起きた事例から学ぶ意で用いられる。

今回「「議論の余地のないことだから、本人も大いに反省しているだろうが、党としても他山の石としてしっかり対応していかなくてはならない」と答えたと報道された。
この「党としても他山の石として」のくだりが、同じ自民党だから他山ではないだろう。。他人事ではない自分の党だろうと突っ込まれている。

わたしも、これをニュースで聞いたとき、「えっ、変だ」と思った。しかし、自民党の内部の感覚しかない場合「あの人たちは失敗したが、党の中の他の人間は気を引き締めてしっかりやれよ。」ということになっているのかもしれない。それはそれで、わかるが国を背負う政治家としては???

*****************************************
私たちは日本語を教えるかたわら、教科書作り、日本文化の紹介等の活動もしています
私たちのホームページは以下のサイトに引っ越しをしました。。
http://www.tomo2006.net/learn.htm
正hyosi.png
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:学問